地方選挙の投開票結果速報

山梨県知事選挙 開票結果2019の速報一覧 立候補者の情勢と当選者

任期満了に伴い、山梨県で山梨県知事選挙が2019年1月27日に実施され、投開票の結果が明らかになります。

この記事は、山梨県知事選挙2019の開票速報と開票結果のまとめとなります。開票結果の判明に至る政策、公約、選挙情勢と共に、立候補者名一覧による当選者・落選者、定数、得票数、投票率などを随時更新し、速報でお知らせしています。山梨県知事選挙2019に投票する際は、投票所入場券を確認して、投票日(期日前投票日)と時間、場所の把握を忘れずに。

「山梨県知事選挙2019」の投開票結果の詳細は、目次の『山梨県知事選挙2019 投開票結果と立候補者の一覧名簿』をご覧下さい。

この記事では、山梨県の今後の発展を占う、山梨県知事選挙2019の当選・落選の当開票結果と立候補者の情勢についてまとめています。

山梨県知事選挙2019の当開票結果一覧(立候補者一覧及び当選者名簿)

まずは、山梨県知事選挙2019の投開票に関する実施概要を確認します。

山梨県知事選挙は2019年1月27日に投開票を実施

【告示日】

平成31年1月10日

【期日前投票期間】

平成31年1月11日から1月26日

【投票日及び開票日】

平成31年1月27日

【投票時間】

午前7時から午後8時まで
県内各市町村の選挙管理委員会による(投票所入場券を要確認)。

【投票場所】

県内各市町村の選挙管理委員会が指定する県内524カ所(投票所入場券を確認する)。

【開票場所・時間】

即日開票。

【有権者数(人)】

690059人(男:ーー・女:ーー)

※ 平成27年1月25日現在。

【投票率(%)】

投票結果待機中。

【執行理由】

任期満了

【定数/候補者数】

1/4

平成31年1月27日執行山梨県知事選挙について

山梨県知事選挙2019 投開票結果と立候補者の一覧名簿

今回、2019年1月27日投票の山梨県知事選挙の「全立候補者一覧名簿」は以下のとおりです。

山梨県知事選挙(2019年1月27日投票結果)
告示日:2019年1月10日
投票日:2019年1月27日
有権者数(人):690059
投票率(%):投票結果待機中
執行理由:任期満了
定数/候補者数:1/4

山梨県知事選挙(2019年1月27日投票)
【告示後:届出順|結果判明後:得票数順 にて表記】

no 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 花田 仁
はなだ ひとし
57 明るい民主県政をつくる会(共産推薦)
2 米長 晴信
よねなが はるのぶ
53 無所属
3 後藤 斎
ごとう ひとし
61 無所属(立憲、国民推薦)
4 長崎 幸太郎
ながさき こうたろう
50 無所属

山梨県知事選挙2015の投開票の結果一覧名簿

前回2015年の山梨県知事選挙の投開票の結果(当選・落選)一覧は以下のとおりでした。

山梨県知事選挙(2015年1月25日投票)の投開票結果

山梨県(やまなしけん)
山梨県知事選挙(2015年1月25日投票)
告示日:2015年1月8日
投票日:2015年1月25日
定数/候補者数:1/3
執行理由:任期満了
有権者数:690,059人
投票率:41.85%

no 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 216493.599 後藤 斎
ごとう ひとし
57 無所属(自民、民主、公明推薦)
2 48693.374 花田 仁
はなだ ひとし
53 共産
3 13704 林 祥三
はやし しょうぞう
67 無所属

2019年の山梨県知事選挙に立候補した4氏の主張

2019年(平成31年)1月27日に投票日(即日開票)を迎える山梨県知事選挙に立候補しているのは、新人で共産党県委員長の花田仁氏、新人で元参院議員の米長晴信氏、再選を目指す現職の後藤斎氏、新人で元衆院議員の長崎幸太郎氏の4名です。

  1. 花田 仁(はなだ ひとし)氏[明るい民主県政をつくる会新人:57歳]
  2. 米長 晴信(よねなが はるのぶ)氏[無所属新人:53歳]
  3. 後藤 斎(ごとう ひとし)氏[無所属現職1期:61歳]
  4. 長崎 幸太郎(ながさき こうたろう)氏[無所属新人:50歳]

県政の継続か刷新かが争点となる山梨県知事選挙2019の結果は、春の統一地方選、夏の参院選に影響する可能性もあり、各陣営総力戦となっています。

花田 仁(はなだ ひとし)氏(57歳・明るい民主県政をつくる会:新人)の訴え

二つの転換を目指すとして、一つ目は、予算の使い方を、県民の暮らし、地域経済に役立つように切り替えること。介護保険料・利用料の軽減で、重度心身障害者の医療費窓口無料を復活する。小中学校の給食費を無料にし、住宅や店舗のリフォーム助成制度をつくる。二つ目は、県民の立場で政権に堂々と意見を言う県政に転換すること。市民の暮らしを守るには政権と対決する県政が求められているのではないかと力説。

共産党県委員長▽党中央委員(歴)党県議団事務局長▽中大=[共]

米長 晴信(よねなが はるのぶ)氏(53歳・無所属:新人)の訴え

山梨全体をテーマパークと位置づけたいとし。山梨は元気で長生きできる素晴らしい場所で、富士山があり、水や空気もおいしく、日本一のフルーツもあるところ。五輪のタイミングで世界に山梨を売り込み、呼び込む計画を立てているとしています。また、住んでいる我々が輝く必要もあとし、3人目の出産から手厚い手当をするなどして女性が山梨を引っ張っていけるような環境をつくりたいと訴えています。

[元]参院議員[歴]フジテレビベルリン支局長▽上智大

後藤 斎(ごとう ひとし)氏(61歳・無所属:現職1期)の訴え

「県民による県民のための政治の継続」を今回の選挙戦のテーマに掲げています。山梨をもっともっと元気に、日本一暮らしやすい県に必ずしていくと述べ、政治の主人公は国や一つの政党ではなく、県民一人一人。皆さんと同じ気持ちを持った私に力を貸してほしいと訴えています。

[元]衆院議員[歴]農水省課長補佐▽文科政務官▽副内閣相▽東北大=[立][国]

長崎 幸太郎(ながさき こうたろう)氏(50歳・無所属:)の訴え

山梨県知事選挙2019を未来を勝ち取るための戦いと位置づける。山梨から毎年約6000人の若い人が我々の古里から離れてしまっている。これを停滞と言わないのであれば後退だとし、今回の選挙の全ての政策は(県民の)夢や希望、明日への期待を実現するためのものだと訴えています。

自民党幹事長政策補佐[元]衆院議員[歴]財務省主計局課長補佐▽東大=[自][公]

山梨県知事選挙2019の当開票の結果と開票数・投票率について

山梨県知事選挙2019の当開票結果の詳細については、投票日当日の結果を受けて随時更新致します。

また、山梨県知事選挙2019の投開票の結果を受けて、真新しい事実や立候補者のその後についての情報があれば、ここでご紹介致します。

山梨県知事選挙2019と同日に実施される選挙

山梨県知事選挙(2019年実施)と同じ日に実施される他の主要な選挙は以下のとおりです。

選挙の開票結果と開票速報及び選挙戦の情勢 総合案内